はじめに

人材活用に活かせるホンネとホント

企業活動において、もはや不可欠になってきた派遣・パート・アルバイト、さらには
アウトソーシングなどの人材活用。この多様な雇用形態をいかに取り入れ、
企業力向上に結びつけていくかが、今後の企業発展のカギを握っています。
しかし、派遣社員やパート・アルバイトを採用したものの、
期待した成果が上がらなかったという企業が後を絶たないことも否めません。
その要因がどこにあるのか、それはきっとメリット面ばかりが表面化した結果、
的確な判断がなされなかったということではないでしょうか。
人材プロオフィスは、企業の将来を大きく左右する総合人材サービスに携わる企業として、
雇用形態別のデメリットや、法的制限など、プラス面だけではなく、
マイナス要因や対応すべき問題点も明確にした上で
正しく判断していただける情報を伝えたいと考えています。

アウトソーシング?人材派遣?

外部の労働力活用を前提として生産計画を考える場合、派遣社員を使うか、請負会社(アウトソーシング)を使うか2つの選択肢があります。

業務の性質に合わせた使い分け

業務の性質に合わせて、アウトソーシングと人材派遣の使い分けができます。

アウトソーシングと人材派遣の活用バランス

継続して活用する場合はアウトソーシング、スポットで活用する場合は人材派遣が適しています。